局所排気装置等定期自主検査者養成講習

説明

局所排気装置、プッシュプル型換気装置及び除じん装置については、労働安全衛生法第45条に基づき、1年以内ごとに1回、定期に自主検査を行うことが義務付けられています。定期自主検査を行う方が、検査のために必要な専門知識と技術を習得して頂くため、講習は局所排気装置等のモデルを用いた実習を多く配置する等、内容の充実したものとなっております。

受講料

労働基準協会会員21,500円     非会員23,750円

テキスト代

3,080円 4,400円   (2冊使用)

申込書

ダウンロード(PDFファイル)

開催日程および会場

講習日・会場につきましては、後日お知らせします。

 


◆県下どの会場の講習も、(一社)更埴労働基準協会で受付けしております。 
TEL026-292-0400

 

2019年02月08日